胎内市で注文住宅を手がけるカワウチケンチクが自然素材へのこだわりについてお話しします。

TEL.0254-20-7202

受付時間 8:00~18:00

お問い合わせはこちら

自然素材へのこだわり

自然素材へのこだわり

自然素材へのこだわり

自然素材にこだわった家づくりに定評のあるカワウチケンチクでは、杉やヒノキなど国産の無垢材を柱・梁(はり)・床などに、珪藻土や漆喰といった天然由来の仕上げ材を壁に用いているのが持ち味です。ここでは、当社が自然素材にこだわる理由だけでなく、素材ごとの特性などについてもご説明します。「マイホームを建てるなら自然素材の家がいい」とお考えの方は、胎内市で注文住宅を手がけるカワウチケンチクへ、お気軽にご相談ください。

住宅建築で用いられる自然素材とは

住宅建築で用いられる自然素材とは

自然素材とは、プラスチックや溶剤などの化学合成した物質を使わない素材のことです。たとえば、天然木の無垢材を使った柱・梁(はり)・フローリング・建具がこれに当たります。注意点として、同じ木材でも目の向きが異なる複数の木材を接着剤で張り合わせた集成材は、自然素材とは言えません。

自然素材には、ほかにも珪藻土や漆喰などを用いた壁用の仕上げ材や、紙やケナフなどの植物の繊維を原料とした壁紙、麻やコルクを原料とした床材などがあります。また、日本人になじみの深い和紙の障子も、住まいにおける代表的な自然素材と言えるでしょう。

主な自然素材
  • 天然木(杉・ヒノキ・パインなど)の無垢材
  • 珪藻土や漆喰を用いた壁の仕上げ材
  • 紙や植物繊維(ケナフなど)を用いた壁紙
  • 麻やコルクを用いた床材
  • 伝統的な和紙を用いた障子

自然素材を用いるメリット

自然素材を用いるメリット

健康的な住環境をつくる条件は、可能な限り自然素材を採用することです。たとえば、天然無垢材の持つ手触りのよさ、木目を生かしたナチュラルな仕上がりは、そこに暮らす人のストレスを和らげてくれるでしょう。

杉やヒノキ、ヒバといった天然木からは、独特の芳香成分がつねに発散されており、これが森林浴のような効果をもたらすため、住む人を癒やしてくれます。天然無垢材は集成材などと違い接着剤などを使用していないため、健康被害をもたらすホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物を発散しません。

ポイントとして、同じ天然木でも住宅建築では国産の木材を選びたいところ。なぜなら、日本に建てる家なら、この国の気候風土で育った木が合っているからです。そうすれば、経年や乾燥による反りやひび割れが少なくて済み、耐久性も期待できます。

ほかにも、壁の仕上げ材として用いる珪藻土や漆喰には調湿作用があり、季節を問わず室内の湿度を適度に保ってくれるため、過ごしやすい環境となるでしょう。しかも、結露などを抑えてくれるので、カビやダニの発生を防ぐのにも効果的です。

カビやダニの発生を抑えられれば、シックハウス症やアレルギーの原因物質の一つであるハウスダストの懸念が解消されます。その意味でも、小さなお子さんがいるご家庭ではこうした天然の壁仕上げ材を積極的に取り入れるのがおすすめと言えるでしょう。さらに、サンゴや漆喰は活性炭と似たような「多孔質」なので、気になる臭いを効果的に吸着してくれます。ペットを飼っているご家庭では、ぜひ採用をご検討ください。

自然素材の優れた点
  • 木肌のぬくもり、木目のナチュラルな仕上がりが癒やしになる
  • 杉・ヒノキ・ヒバといった木材が発散する芳香成分が心身をリラックスさせる
  • 天然無垢材は健康被害の原因となるホルムアルデヒドなどの化学物質を蒸散しない
  • 国産の木材のような日本の気候風土に合った建材を用いれば家は長持ちする
  • 珪藻土や漆喰には調湿作用があり室内の湿度を適切に保ってくれるので、カビやダニの発生を抑えるだけでなく、シックハウス症やアレルギーの原因物質であるハウスダストも減らせる
  • 珪藻土や漆喰は多孔質のため、気になる臭いも吸着。ペット臭も気にならない

自然素材にこだわった家づくり、カワウチケンチクがお手伝いします

自然素材にこだわった家づくり、カワウチケンチクがお手伝いします

何十年と暮らすことになるマイホーム。それなら、できるだけ快適で健康的に生活できる家が理想ではないでしょうか? 特に小さなお子さんがいるご家庭なら、なおさらです。ホルムアルデヒドなど、毒性のある化学物質に囲まれた暮らしはできるだけパスしたいところ。もちろん、シックハウス症やアレルギーも同様でしょう。

胎内市のカワウチケンチクにご相談いただければ、皆様のご要望やご予算に遭った“自然素材の家”を的確にご提案いたします。ぜひ、お気軽にご相談ください。

to top