胎内市で注文住宅を手がけるカワウチケンチクが当社のクオリティ・標準仕様についてご説明します。

TEL.0254-20-7202

受付時間 8:00~18:00

お問い合わせはこちら

クオリティー・標準仕様

  • ホーム
  • クオリティー・標準仕様

クオリティー・標準仕様

クオリティー・標準仕様

現代に求められる性能・品質・仕様をハイレベルで満たした住まい──それがカワウチケンチクの家です。ここでは、断熱性・気密性・省エネ性・耐震性・保証制度の各項目について、それらがどう実現されているかについてお話しします。注文住宅をご検討なら、性能・品質・仕様に妥協のないカワウチケンチクをご指名ください。

北海道でも快適に過ごせる家がカワウチケンチクの住まい

どんなに間取りのよい家、デザイン性に優れた家でも、断熱性・気密性・省エネ性・耐震性といった基本性能が伴っていなければ、安心・快適には暮らせません。こうした考えから、カワウチケンチクでは現代の住宅に求められる品質・性能を高い次元で実現しています。特にカワウチケンチクでは新潟県内でもほとんど取り入れられていない記述である断熱性能、機密性能には注力しており、北海道の基準値レベルを高次元でクリアする、快適に過ごすことができる住まいをご提案いたします。

高断熱性能

内側、外側からアプローチした高断熱性能

カワウチケンチクの家で、特にご注目いただきたいのは断熱性の高さ。たとえば、断熱性能を示す指標のUA値(外皮平均熱還流率)で見てみると、新潟エリアなら0.75あるいは0.87 以下であれば基準を満たしているということになります。しかし、当社では北海道の基準値である0.46 をクリアできるほどの高性能さを確保しているのが特徴です。新潟県は冬の降雪が多く、夏は40度を超える猛暑に見舞われる地域として知られています。そんな過酷な気候条件下でも、四季を通じて快適な居住環境を、カワウチケンチクはお約束します。

付加断熱

外側に高性能断熱材を設置した断熱工法の事を加断熱と言います。通常の柱間に設置された断熱材とともに、内と外から断熱することで熱損失をさらに押させることができるため、高い断熱性能が実現されます。

高気密性能

三層ガラスによる高気密性能

住宅の気密性とは、建物にどれだけの隙間があるかを指すものです。この隙間が大きければ、室内で暖房を入れても熱が逃げてなかなか暖かくならず、冷房を入れても熱い外気が入り込んで部屋が一向に冷えません。これでは、いくら断熱化対策を施しても高い効果は見込めません。なお、高気密住宅とは、建物全体でハガキ1枚分の隙間しかない家のことです。もちろん、カワウチケンチクの家は、この基準を大幅にクリアしています。

トリプルガラス

住宅の中で窓は最も外気からの影響を受けやすい場所。夏場は約70%の熱が入ってきて、冬場は約50%の熱が窓から逃げているも言われています。カワウチケンチクでは国内でもほとんどの住宅が2重サッシを採用している中、三層であるトリプルガラスを提案しております。高いレベルでの気密性能をぜひ体感してください。

高断熱×高気密=省エネ性能

上でも述べた通り、カワウチケンチクが手がける家はすべて北海道の基準値をクリアした高いレベルで断熱対策・気密化対策が施されています。しかし、こうした対策により得られるメリットは、住宅の快適性向上だけではありません。冷暖房コストのお大幅な軽減も、見逃せない恩恵の一つとなるでしょう。家計にも優しく、地球にも優しい──それが、カワウチケンチクの家です。

耐震性能

耐震性能

建物の構造的強度が高いだけでなく、建物を支える地盤を強化しなければ本当の意味で耐震性の高い家とは呼べない──それが、カワウチケンチクの考え方です。過去に中越地震、能登半島地震、中越沖地震と、震度6強?7規模の震災に見舞われた北陸エリアだけに、地盤強化を含めた耐震化策にはどこよりも注力してきました。たとえば、建物全体を強固にするだけでなく地震の揺れや振動を抑える制振ダンパーの導入や、着工にあたっては必ず現地調査を行い、軟弱地盤であると判明した場合は、地盤改良工事を実施するなど万全を期しています。

保証制度

保証制度

新居での暮らしは、何十年という歳月にわたって続きます。その間も、安心して生活していただけるように、カワウチケンチクでは地盤保険や瑕疵担保保険をはじめとする各種保証制度をご提案。そのほか、定期点検・メンテナンスといったアフターサービスの充実も図っています。

to top